気象庁によると28日午前9時、フィリピンの東にあった熱帯低気圧台風18号(ミートク)になった。同日午後9時現在、フィリピンの東を時速30キロで西北西に進み、発達しながら北上している。沖縄気象台の予報では、30日夜には先島諸島を暴風に巻き込みながら最接近する。勢力がピークとなる10月1日には沖縄本島地方にも近づく見通し。

台風18号

>>暴風域を伴った強い勢力の台風18号 先島諸島、30日夜を中心に猛烈な風(29日午後5時現在)

 中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。北東側500キロ以内と南西側390キロ以内は風速15メートル以上の強風域。29日午前9時には暴風域を伴う予想だ。沖縄地方への台風接近は7月から連続して5個目。

 暴風警報の発令は先島諸島で30日昼すぎから夕方にかけて、台風の進路によっては1日に沖縄本島地方にも発令される可能性がある。

 予想最大瞬間風速は石垣島地方55メートル、宮古島地方45メートル、沖縄本島地方30メートル、大東島地方25メートル。先島諸島と沖縄本島地方は警報級の大雨にも注意が必要だ。

 気象台は29~30日にかけて沿岸海域は猛烈なしけとなる見込みで、高波にも注意を呼び掛けている。