10月の消費税増税が目前に迫った。外食産業では「持ち帰り」は軽減税率が適用されて現行の8%のままだが、「店内飲食」は10%に引き上げられる。販売価格にそのまま反映させるか、それとも差が出ないようにするか。県民や観光客から親しまれている地元ファストフード店も、対応が割れている。