宜野湾署は28日、宜野湾市消防本部の出張所長(50)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。「酒は抜けていると思った」と容疑を一部否認しているという。逮捕容疑は28日午前11時25分ごろ、宜野湾市野嵩で酒気を帯びた状態で車を運転した疑い。

(資料写真)宜野湾警察署

 同署によると、パトロール中の警察官が住宅街でスピードを出して走行していた同容疑者の車を発見。停止を求めて注意しようとしたところ呼気から酒の臭いがしたという。呼気からは基準値を若干上回るアルコールが検出された。

 市消防本部の浜川秀雄消防長は「今後、事実確認が取れ次第、厳正に対処したい」とコメントを発表した。