気象庁によると、台風18号(ミートク)は29日午後4時47分、発達しながら北上し、30日夜にかけて、暴風域を伴ったまま強い勢力で先島諸島に接近する見込み。先島諸島では、30日夜を中心に猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけとなる。気象庁は暴風や高波に厳重な警戒を呼び掛けている。

台風18号の進路予想図(気象庁HPより)

29日15時から4日15時までに、台風18号の暴風域に入る確率(気象庁HPより)

台風18号の進路予想図(気象庁HPより) 29日15時から4日15時までに、台風18号の暴風域に入る確率(気象庁HPより)

 台風18号は、29日午後3時にはフィリピンの東にあって、1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいる。中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心の東側110キロ以内と西側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風は発達しながら北上し、30日夜にかけて、暴風域を伴ったまま強い勢力で先島諸島に接近する。その後は東シナ海を北上し、次第に進路を北東に変えて、10月2日には西日本へ接近する見込みだ。さらに、3日から4日にかけて温帯低気圧の性質を帯びながら日本海を東北東に進む見込みだ。

 台風の接近に伴い、沖縄地方では30日にかけて次第に風が強まり波が高くなる恐れ。30日夕方から夜遅くにかけて猛烈な風が吹き、30日昼過ぎから10月1日にかけて猛烈なしけとなる。暴風や高波に厳重に警戒が必要だ。

 30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、沖縄地方が40メートル(60メートル)、 30日にかけて予想される波の高さは、沖縄地方 10メートルの見込み。

 台風本体の発達した雨雲がかかる沖縄地方では、30日夜を中心に雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨となる恐れがある。30日18時までの24時間に予想される雨量は、沖縄地方で150ミリ。その後、10月1日18時までの24時間に予想される雨量は、沖縄地方200から300ミリと予想される。

 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。気象庁は、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう呼び掛けている。

 台風の接近に伴い、沖縄地方では潮位が高くなる見込み。30日にかけて、海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に注意が必要だ。