沖縄タイムス+プラス ニュース

韓国プロ野球ハンファ 8年続いた沖縄キャンプ中止 八重瀬町に伝達 日韓関係の悪化影響か

2019年9月30日 09:30

 韓国のプロ野球チーム「ハンファ・イーグルス」が、今年まで沖縄県八重瀬町で続けた春季キャンプを来年中止する考えを町に伝えたことが29日に分かった。町によるとチームは秋季も含めて2012~19年の8年間訪れていた。町は球団から「(韓国の)国内状況が厳しく、今回はどうしようもないと説明された」といい、日韓関係の悪化が影響したとみられる。今春、県内でキャンプをした韓国プロ野球7チームのうち春季キャンプ中止が明らかになったのは初めて。

バッティングで汗を流すハンファイーグルスの選手ら=2013年1月21日、八重瀬町東風平運動公園野球場

 ハンファは今年2、3月に同町を拠点として練習や練習試合をこなした。町によると、球団とはキャンプ継続の方向性で連絡を取り合ってきた。しかし今月27日になって町役場を訪れた球団幹部が新垣安弘町長らに中止の考えを説明した。

 新垣町長は「球団は、ぎりぎりまでキャンプの実現性を探り、残念ながら断念したのも正式発表前に聞かせてくれた。誠意は伝わっており、再来年以降に再開できるなら町ぐるみで歓迎したい」と述べた。

 ハンファの春季キャンプを見込んでいた期間が空くため、町は今後、国内実業団や大学チームを誘致したいとしている。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間