「新春組踊大公演」(主催・伝統組踊保存会、共催・国立劇場おきなわ運営財団)が4日、浦添市の国立劇場で始まった。組踊立方人間国宝の宮城能鳳さんが出演した「執心鐘入」と、若手実演家中心の「護佐丸敵討」の2題を約300人が楽しんだ。