【名護】稲嶺進名護市長は5日、市役所での仕事始めの職員向け訓示で、「昨年の(安倍)政権は暴走気味の馬のごとく走ったともいえる。ことしはひつじ年で、芯を通すというイメージもあるようだ。私たちもこれまでの歴史を振り返り、新しい挑戦に向かう2015年でありたい」と述べた。