沖縄署は30日、70代の男性に本島中部のコンビニで425万円分の電子マネーを購入させ、その利用権をだまし取る特殊詐欺事件が発生したと発表した。10回以上にわたり男性に電子マネーを購入させたとみられ、同署が特殊詐欺事件として捜査している。県警は「電話やメールで電子マネーを要求するのは詐欺の手口。1人で悩まずに警察に相談してほしい」と注意を呼び掛けている。

 県警によると、20~27日にかけて、被害男性の携帯電話に「サイト利用料金の未納額がある」「あなたの携帯電話から発したウイルスで被害に遭った人がいる。被害を賠償するために保険金を納付してもらいたい」などと複数の男から電話があったという。

 男性は指示通りに本島中部の複数のコンビニで合計425万円分の電子マネーを購入し、電話で男に利用番号を伝えたという。