消費税増税に伴い始まったキャッシュレス決済によるポイント還元制度。初日の1日、記者が体験すると、同じ物を増税前に買うより安くなった。一方、クレジットカードやスマートフォンになじみの薄い層からは「分からない」との声も漏れる。

軽減税率8%が適用された飲食品のレシート。キャッシュレス決済したらポイント還元で増税前より安くなっていた=1日、那覇市

 1日午後。軽減税率で8%に据え置かれたコーヒーとシュークリームをコンビニでクレジットカード決済してみた。計470円。大手コンビニの還元率は2%だ。

 レシートの下には「キャッシュレス還元額9円 クレジット取扱合計461円」の印字。前日までに同じ物を買うより安く、お得な気分を味わえた。

 那覇市のスーパー「丸大国場店」。ポイント還元率は5%だ。店長の真栄城守昭さん(58)は「主な客は高齢者。クレジット払いも増えているが、まだまだ現金が多い」と話す。

 買い物をしていた幸地美智子さん(65)はスマホもクレジットカードも持っていない。「難しいことを考えるより、買い物を控えるのがいいのかしら」とこぼす。ポイント還元についてレジの女性は「年配の方は使えない。優しくない制度ですよね」としみじみ話した。(社会部・下地由実子)