沖縄都市モノレールの那覇-浦添路線が開業し、2013年に始まった延長整備事業は約6年の歳月を経て結実した。交通渋滞の緩和や経済・観光振興など期待する声が大きい一方で、交通結節を担う他の公共交通機関との連携不足や、乗客数増加に伴う混雑など課題は多い。