【名護】オリオンビール(浦添市、早瀬京鋳(けいじゅ)社長)は2日、同社初のプレミアムクラフトビール「75BEER」(ナゴビール)を、12月10日から全県で発売すると発表した。昨年10月に名護で販売した地域限定ビールをリニューアルし、名護発の新商品として販売網を拡大する。北部地区の飲食店で25日から、先行して提供する。同社は具体的な時期は未定としつつ、全国展開も視野に入れていることも明らかにした。

12月10日に全県発売される「75BEER」の缶(オリオンビール提供)

12月10日に全県発売される「75BEER」の瓶(オリオンビール提供)

渡具知武豊市長(左)に「75BEER」の発売を報告する早瀬京鋳社長=2日、名護市役所

12月10日に全県発売される「75BEER」の缶(オリオンビール提供) 12月10日に全県発売される「75BEER」の瓶(オリオンビール提供) 渡具知武豊市長(左)に「75BEER」の発売を報告する早瀬京鋳社長=2日、名護市役所

 早瀬社長や嘉手苅義男会長らが2日、名護市役所に渡具知武豊市長を訪ね、報告した。

 早瀬社長は「オリオンが第二の創業を迎え、初の新製品。名護を盛り上げることを最も重要視しており、何ができるかをもっと考えたい」と述べ、売り上げの一部を同市に還元する考えも示した。

 昨年10月に発売した「75-Beer」は、小瓶750ケースと10リットルたる1500本を名護限定で販売。今回は新たに缶(350ミリリットル)も加え、計3品種を常設販売する。

 味は「75-Beer」を踏襲。シークヮーサーをイメージさせるかんきつ系の爽やかな香りで、苦みはドラフトビールの約3倍の量を入れているという。

 パッケージは、ビールの街「名護」から生まれた同製品を印象付けるロゴマークとベースカラーを採用。ロゴの背景には名護の風景を取り入れた。

 渡具知市長は「復活を願う市民の声が大きかった。自信を持ってオリオン、名護ビールを県民、観光客にアピールしていきたい」と喜んだ。