【東京】政府が9日閣議決定した2014年度の補正予算のうち、防衛省の沖縄関係分は、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古新基地建設の関連経費として約185億200万円を計上した。