日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)の3社は9日、2014年12月の沖縄関連路線の輸送実績を発表した。年末の旅行需要の高まりでJALとRACは前年実績を上回ったが、JTAは機材削減の影響で前年より減少した。