沖縄タイムス社は3日、県出身歌手として活躍し、昨年9月16日に引退した安室奈美恵さんに、これまでの功績をたたえ「沖縄タイムス賞特別賞」を贈呈した。東京都中央区の東京支社で、武富和彦社長が代理人のエイベックス・エンタテインメントの樋口慎太郎取締役に表彰状と琉球ガラスの盾などを手渡した。

デビュー25周年記念の沖縄凱旋ライブで、ファンの声援に応える安室奈美恵さん=2017年9月、宜野湾海浜公園特設ステージ

安室奈美恵さんに沖縄タイムス賞特別賞を贈る武富和彦社長(左)と代理で受け取ったエイベックス・エンタテインメントの樋口慎太郎取締役(中央)と竹林一敏ユニットマネージャー(右)=3日、東京都中央区の沖縄タイムス東京支社

デビュー25周年記念の沖縄凱旋ライブで、ファンの声援に応える安室奈美恵さん=2017年9月、宜野湾海浜公園特設ステージ 安室奈美恵さんに沖縄タイムス賞特別賞を贈る武富和彦社長(左)と代理で受け取ったエイベックス・エンタテインメントの樋口慎太郎取締役(中央)と竹林一敏ユニットマネージャー(右)=3日、東京都中央区の沖縄タイムス東京支社

 武富社長は「平成の歌姫として、歌とダンスで世界に愛を届けた。県民として誇りに思う。人生の第二のステージでも輝くことを期待している」と述べた。

 樋口氏は「安室さん本人も今回の賞をとても喜んでいたようです」と話した。

 盾には、安室さんの出身地で那覇市の市花「ブーゲンビレア」を模したガラスでハート形のデザインがあしらわれている。

 引退から1年たった9月16日には安室さんが引退ライブをした宜野湾市で花火ショーが開かれ、4万人が駆け付けるなど、表舞台を退いてもなお人々を引きつけている。