沖縄県の伊平屋村主催の敬老会がこのほど、村産業連携拠点センターで開かれ、65歳以上のお年寄り130人余りが楽しんだ。

カジマヤー祝いを迎え伊礼幸雄村長(中央)から祝い金を贈呈された城間信子さん(右)=伊平屋村

 100歳以上2人、新100歳1人、カジマヤー3人、トーカチ(米寿)4人へ祝い金と記念品を贈呈。式典に出席した城間信子さん、譜久村正文さん、宮城キクさんの3人へ伊礼幸雄村長より手渡された。

 伊礼村長をはじめとする選考委員会で「生涯現役、健康長寿」を体現している85歳以上の中からミス&ミスターを選出。健康にも気を付け、農業なども現役で頑張っているなど、すてきな年の重ね方をしている人たちが選ばれた。

 2部は「かぎやで風」で幕開け。村民による「上り口説」や「高平良万歳」「むんじゅる」などの琉球舞踊や村立伊平屋保育所の園児によるダンスが披露され会場を盛り上げた。(國吉由美通信員)