りゅうぎん総合研究所(照屋保社長)が3日発表した、国内プロ野球9球団による2019年春季キャンプの経済効果は前年比15%増の141億3100万円となり、4年連続で過去最高を更新した。延べ観客数も過去最高で、8・2%増の約40万8千人となった。うち県外からの参加は9・5%増の9万2千人と推測した。巨人の原辰徳監督の就任や丸佳浩選手の入団、日本ハムの清宮幸太郎選手やドラフト1位の吉田輝星選手らの参加が話題となったほか、昨年リーグ優勝3連覇を果たした広島のキャンプも注目された。

プロ野球春季キャンプの経済効果と観光数の推移

 県内で春季キャンプを実施したのは前年と同じ9球団だが、注目選手の参加などによるチームの人気の高まりでファンが増えた。また、会員制交流サイト(SNS)などを活用した球団のPRでファンサービスの認知が広まり、リピーターも増加した。

 経済効果のうち宿泊費や飲食費、グッズ購入費、練習施設などのインフラ整備費などを合わせた直接支出は14%増の92億8千万円。このうち、県内産業への直接効果は82億1300万円だった。直接効果のある産業から原材料やサービスを提供する産業へと広がる1次間接効果は37億1100万円。雇用者の所得増から消費支出の増加や各産業の増産につながる2次間接効果は、22億700万円だった。

 今年は日韓関係悪化で秋・春季キャンプの中止を決定・検討する韓国球団が出ている。りゅうぎん総研は「春季キャンプでは韓国と国内の球団の練習試合が多く、韓国からのファンも一定数来県しており、来年の春季キャンプの観客数にいくらか影響が出る可能性がある」としている。

 一方、キャンプを県内に定着させる取り組みとして、官民連携の受け入れ態勢整備、球団関係者や観客に地域を回遊してもらうようなPR活動などの必要性を提案した。