沖縄タイムス+プラス ニュース

「きれいな赤色」神戸の小学生、沖縄の歴史文化を体験

2015年1月13日 09:04有料

 神戸市の児童養護施設で暮らす小学6年生の子どもたち36人は11日、世界遺産の首里城などを見学し、沖縄の歴史や文化に触れた。  神戸の子どもたちの来県は7回目。毎回、同市の商店街関係者らでつくる「KOBE三宮・ひと街創り協議会」が無料で招待する取り組みで、今回は10日から1泊2日の日程で行われた。

連載・コラム
記事を検索