手話を使った演劇やダンスの出来栄えを競う第6回全国高校生手話パフォーマンス甲子園で、真和志高校手話部が昨年に続き優勝した。大会初の連覇。沖縄の環境問題という重いテーマを、手話のラップやエイサーを交えユーモラスに描いた。自分たちが楽しむことをモットーに舞台に立った14人。