沖縄市胡屋にある沖縄少林流拳真館空手古武道連盟総本部、拳真館道場。初代館長で名誉会長の喜瀬富盛範士十段(84)は、今も師から伝授された技の神髄を追い求め鍛錬に励んでいる。12歳で空手と出合ってから72年間、「一度もやめたいと思ったことはない」と語り、空手一途(いちず)に駆け抜けてきた。