沖縄振興開発金融公庫(譜久山當則理事長)は15日、2015年度予算の内容を発表した。予算額は1440億円で、前年度から2億円増えた。観光や情報通信などのリーディング産業育成のための出資金財源が増額されたほか、観光関連事業の振興を図る融資制度と、経済特区での設備投資を支援する貸付制度を創設した。