沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は3~6日の日程で、韓国の航空会社や旅行社を沖縄に招き、韓国内の沖縄旅行需要の喚起につなげるファムツアーを開いた。日韓関係の悪化で減少した韓国客の沖縄への誘客に向けた取り組みの一環。 ツアーは宮古島で開催。航空会社と旅行社の7社9人が参加した。