名護市辺野古の新基地建設に向けた埋め立て工事の変更申請で、沖縄防衛局は15日、沖縄県が承認・不承認を判断していない残る1件の「土砂運搬方法の変更」を取り下げる文書を県に提出した。建設に反対する翁長雄志知事が申請を不承認にする可能性が高いとみて判断したとみられる。