サッカー九州リーグは6日で今季日程を終了し、18得点を挙げた沖縄SVの山内達朗が得点王に輝いた。海邦銀行SCの川満陸が10得点で4位に入ったほか、沖縄SVの高原直泰、関恭範、牧野悟が7得点で7位。アシスト部門は関が12でトップとなり、沖縄SVの西澤代志也が2位、秋本和希が4位に入った。