気象庁によると、大型で猛烈な台風19号はマリアナ諸島の海上を北西に進んだ。台風の影響で、小笠原諸島では9日から大しけや猛烈なしけ、大東島地方でも10日から大しけとなり、高波への厳重な警戒が必要。台風は今後、日本の南で北よりに進路を変え、12日から13日にかけて、暴風域を伴って西日本から北日本にかなり接近するおそれがある。全国的に広い範囲で、暴風や警報級の大雨、大しけとなる可能性がある。沖縄地方は、大東島地方を含め暴風域には入らない見込み。

台風19号の予想進路図(気象庁HPより)

 台風19号は8日午後6時には、マリアナ諸島の北緯18度00分、東経142度10分にあり、時速約20キロで北西へ進んでいる。中心の気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心の東側800キロ以内と西側440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 大東島地方と奄美地方では、10日から11日にかけて大しけとなるおそれがあります。西日本では、太平洋側を中心に、11日から12日に警報級の大雨や大しけとなるおそれがあり、台風の動向によっては12日には大荒れとなる可能性がある。

 東日本では11日から13日にかけて、北日本では12日から13日に、太平洋側を中心に大しけとなる。台風の進路によっては12日から13日に東日本、北日本の広い範囲で大荒れとなって、警報級の大雨となる可能性がある。