沖縄県うるま市交通安全推進協議会やうるま警察署などは「交通事故死ゼロを目指す日」の9月30日、同市上平良川の交差点で交通安全のお守りを配布した。市商工会女性部が手作りしたお守りは闘牛の街らしく牛をかたどったペーパークラフト。参加者は信号待ちのドライバーらに配りながら「牛(ぎゅう)っとハンドルを握って安全運転を」と呼び掛けた。

信号待ちのドライバーにお守りを配布する参加者=9月30日、うるま市・上平良川の交差点

 お守りは石川浄願寺で交通安全を祈願したもので、今回は安全運転啓発チラシと一緒に500個を配布した。うるま署の玉城尚也交通課長は「1件でも事故が減るようにと思いが込められている。お守りで安全運転を意識して」とあいさつした。

 商工会の新垣壮大会長は「このお守りのおかげで私は事故を起こしたことはありません」と話した。