沖縄県の名護市辺野古に新たに基地を建設する計画に反対する市民らは9日、名護市安和の琉球セメント桟橋で、新基地建設の埋め立て土砂の搬入に抗議の声を上げた。桟橋に入るゲート前では最大約40人の市民らが抗議。のぼりやプラカードを手に、土砂を積むダンプ車両に向かい工事の中止を訴えた。

琉球セメント桟橋ゲート前で新基地建設に抗議する市民ら=9日午前9時20分、名護市安和

 桟橋に接岸していた土砂の運搬船1隻は同日午前10時までに離岸した。その後、接岸する船はない。市民らは台風19号の対策で作業船も移動していると見ている。