一夜にして那覇市域の約9割が灰と化し、県内各地で甚大な被害を及ぼした10・10空襲から10日で75年を迎えた。 約1400機の艦載機からの無差別爆撃は沖縄戦の前哨戦ともいわれ、被害は沖縄本島、奄美、宮古、八重山など広範囲に及び、少なくとも軍民668人の死者を含む約1500人が死傷した。