沖縄タイムス+プラス ニュース

説明会と工事中止を要請 謝花副知事が防衛省に 宮古島の陸自弾薬庫建設で

2019年10月9日 22:40

 沖縄県の謝花喜一郎副知事は8日、沖縄防衛局が着手した宮古島市城辺保良の採石場「保良鉱山」での陸上自衛隊弾薬庫の建設を巡り、住民説明会をあらためて開催するよう防衛省幹部に求めた。説明会を開催するまでの工事中止も求めた。

工事現場では資機材を搬入するトラックなどの車両が行き交った。パワーショベル付近には土のうも積まれた=7日、宮古島市城辺保良

 防衛局は今月3日に説明会を開いたが、題目を「保良鉱山地区の建設工事について」として弾薬庫と明示せず、住民150人が入室を拒否し、参加したのは十数人だった。

 県議会与党会派の社民・社大・結の県議団は8日、謝花副知事と面談し、工事の中止を防衛局に申し入れるよう要請していた。

 謝花副知事は口頭で防衛省幹部に要請内容を伝達。「住民の不安を一つ一つ丁寧に拾い上げて説明するべきだ」と指摘し、防衛省幹部は「対応を検討させてほしい」と述べたという。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください