「凄惨(せいさん)な事件であることは間違いない…」。容疑者逮捕後に接見し、取材に応じた軍属側の弁護士が声を絞り出すように言った。那覇地検が死体遺棄罪で起訴に踏み切った時も「公判での有罪持ち込みに、自信があるということだろう」と胸の内を明かした。