沖縄タイムス+プラス プレミアム

沖縄の普天間飛行場はハーグ条約違反? 首相は「適法」 根拠は地位協定

2019年10月10日 18:00

 安倍晋三首相は9日の参院本会議の代表質問で、米軍普天間飛行場の米国への提供は適法との認識を示した。共産党の小池晃書記局長が占領下での私有財産の没収を禁じているハーグ陸戦条約に照らし「国際法違反」と指摘したのに答えた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間