路線バスの減便や最終便時刻の繰り上げに伴い、高校の定時制や夜間部の一部生徒が授業を早退せざるを得ない問題で、半嶺満教育指導統括監は9日、「できるだけ早めに対応できる方法としてタクシー会社に送迎の委託を検討している」と述べた。県議会子どもの未来応援特別委員会で金城泰邦氏(公明)への答弁。

 半嶺統括監は「影響を受けている13人中2人が保護者の対応なども難しく早退している」と説明。「子どもたちの学習権の確保が重要で、年度途中で交通手段が確保できなくなった子どもたちへの対応を早急に検討したい」と語った。