那覇署は9日、マッサージを装って客の10代少女2人にわいせつな行為をしたとして、那覇市の会社員の男(44)を準強制わいせつの疑いで再逮捕した。容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は8月30日、那覇市内の商業施設内で被害者らがマッサージ機を体験中、わいせつな行為をした疑い。被害関係者からの相談で発覚した。男は9月にも別件で、本島中部の商業施設で同様の容疑で逮捕された。