大型で猛烈な台風19号は10日午前9時現在、父島の南南西約490キロを時速20キロで北に進んでいる。南大東島地方気象台によると、大東島地方で10日に予想される最大風速は15メートル、最大瞬間風速は25メートル。暴風域には入らない見込み。

台風19号の進路予想図

気象衛星ひまわり8号撮影

台風19号の進路予想図 気象衛星ひまわり8号撮影

 12~13日に非常に強い勢力で西日本から東日本へ接近・上陸し、広範囲で暴風や大雨、高波、高潮の恐れがある。

 勢力は、千葉県を中心に大規模な停電被害をもたらした9月の台風15号や、関西空港などに大きな被害が出た昨年の台風21号に匹敵すると予想され、気象庁は9日の会見で「命を守るため、早めの対策、避難をしてほしい」と呼び掛けた。

 10日午前9時現在、中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径240キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、東側750キロ以内と西側650キロ以内は風速15メートル以上の強風域。