沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は24と25の両日、飲食業者向けに、ベジタリアンやヴィーガンに対応する「多様な食対応レベルアップセミナー」を開く。多様化する食のニーズと県内飲食店の対応事例を紹介。ベジタリアンに対応したカレーソースなど食品の試食会もある。

セミナーへの参加を呼び掛けるOCVB誘客事業部の(左から)安仁屋美貴コーディネーターと下地美希主事=7日、沖縄タイムス社

 両日とも時間は午後2時~4時半。24日は那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ(定員100人)、25日は恩納村のハレクラニ沖縄(定員80人)で。参加費は無料。事前申し込みが必要で、締め切りは18日。 

 7日、沖縄タイムス社を訪れたOCVB誘客事業部の安仁屋美貴コーディネーターは「少しの工夫で、ムスリムやヴィーガンにもバラエティーに富んだ食事を提供できる。メニュー開発に生かしてほしい」と参加を呼び掛けた。

 問い合わせはOCVB、電話098(859)6127。