共同通信 ニュース

楽天、平石監督が退任 後任候補は三木2軍監督

2019年10月10日 17:06

 プロ野球楽天の平石洋介監督(39)が10日、仙台市の楽天生命パーク宮城で取材に応じ、今季で退任することを明らかにした。1年契約で指揮を執ったが、球団から続投の要請がなく「評価は人がすること。そういう世界。覚悟はしていた」と話した。後任候補には三木肇2軍監督(42)の名前が挙がっている。球団は14日から始まる秋季練習は新監督の下で行いたいとしており、11日にも発表する。

 楽天の平石洋介監督

 石井一久GMは続投を要請しなかった理由を「サインミスなどの多さや走塁を含め先の塁への意識改革が改善し切れなかった」と説明。平石監督には2軍統括というポストを打診したが、返答は保留された。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間