気象庁によると午後5時時25分、大型で猛烈な台風19号の影響により、11日までには、東日本太平洋側から南西諸島にかけての広い範囲で猛烈なしけや大しけとなる見込み。