宮古島市で宿泊施設の管理や飲食店の運営などを手掛けるアートアベニュー(東京)が、スマートフォン(スマホ)の画面上の地図から運転代行の車を簡単に探して呼べる新サービス「運転代行キャッチャー」を、11月1日から沖縄本島内で始める。まずは運転代行業者15社程度と契約、那覇市を中心に約300店の飲食店に営業し、普及を図る。

「運転代行キャッチャー」のウェブサイト

 専用サイトに接続することで、スマホの地図上に走行中の運転代行車のマークが表示される。タップすると、乗務員とすぐに電話で連絡が取れる無料のサービス。利用者は近くの代行車を簡単に手配でき、飲食店も客の回転率を上げられるメリットがある。

 乗務員のスマホの衛星利用測位システム(GPS)から位置情報を読み取る仕組みで、実車中はGPSを切ることで画面上から消せる。運転代行の効率も上がり、売り上げに貢献できるとしている。数カ月間の無料期間を経て、利用状況に応じ登録費用や利用手数料を得るビジネスモデルを考えている。

 県内ではこれまで運転代行車と利用者をマッチングするアプリなどのサービスが提供されてきた。同社は「初めての利用でも、酔っていても簡単に利用できる」とあえて専用のアプリを作らずシンプルな設計にした。飲食店などに提供するチラシのQRコードを読み込むなどして、サイトにアクセスできる。

 昨年9月に宮古島市で試験的にサービスを開始。利用者が徐々に増え、直近では月間約千件の利用があるという。本島で定着させ、将来的には全国展開も見据える。

 アートアベニュー沖縄支店の石垣信也営業統括マネージャーは「業界や行政とも連携しながら、飲酒運転撲滅に貢献したい」と語った。