沖縄県商工会連合会(米須義明会長)は10日、地域資源を活用した県産品などのPRや販路拡大を支援する「第22回商工会特産品コンテスト」の審査結果を発表した。最優秀賞(県知事賞)に、恩納村のElly's cafe(エリーズカフェ)の「ベジ島豆腐タコライス」と、宜野湾市のラードラボの「ラードラボ スキンケアクリーム」が選ばれた。25日から開幕する沖縄の産業まつり「ありんくりん市」の会場で表彰式がある。

Elly's cafeの「ベジ島豆腐タコライス」(提供)

ラードラボの「ラードラボ スキンケアクリーム」(提供)

Elly's cafeの「ベジ島豆腐タコライス」(提供) ラードラボの「ラードラボ スキンケアクリーム」(提供)

 ベジ島豆腐タコライスは、動物性食材を使わないヘルシーなヴィーガン。食事制限や宗教、信条を問わずに食べられる。ラードスキンケアクリームは、希少価値の高いアグー豚のラードを配合したクリーム。幅広い年齢層に使える上、ラードのイメージ向上も期待される。

 その他の受賞商品、企業・団体は次の通り。

 優秀賞(県連会長賞)=れとるとうふ(本部町、山城とうふ店)、SANGOくっしょん(南風原町、沖縄子育て良品)▽奨励賞=八重泉バタフライピー(石垣市、八重泉酒造)、アセローラプレミアムジャム(本部町、アセローラフレッシュ)、珊瑚シリーズのプレート(読谷村、オキナワロイヤルクラフト)、しまどうふショコラ(西原町、池田食品)▽審査員特別賞=島ネロ(うるま市、DREAM CONTRACTOR)、いもいもタルト(読谷村、御菓子御殿)