ホテルシェフによる料理講習会とランチを楽しむ第75回タイムスプレミアムキッチン(主催・沖縄タイムス社)が10日、那覇市のノボテル沖縄那覇であった。テーマは「おうちで手軽にフレンチ 様々な調理法でおもてなし」。同ホテルの前川守晃洋食料理長が秋を健康的に味わえるフランス料理5品を披露し、参加した200人が堪能した。

サラダ・パリジェンヌ メニューはサラダ・パリジェンヌ、冬瓜のポタージュとズワイガニのパンペルデュ。魚料理はサーモンのパイ包み・白ワインソース、肉料理にウズラのロースト・ピラフと想いを込めて、デザートにはタルト・フロマージュ。
冬瓜のポタージュとズワイガニのパンペルデュ
サーモンのパイ包み・白ワインソース
ウズラのロースト・ピラフと想いを込めて
タルト・フロマージュ

 前川洋食料理長は、家庭でも作れるよう、「おいしい魚のだしに白ワインや生クリームを重ねるなど、うま味にうま味をのせることがフランス料理のポイント」「甘味と酸味のバランスを大切に」とアドバイス。参加者は熱心にメモを取ったり、質問したりしていた。

軽快なトークと解説で会場を盛り上げながら料理する前川守晃洋食料理長=10日、那覇市・ノボテル沖縄那覇

 那覇市の伊良皆るり子さん(67)は「料理長が元気に楽しく作っていて料理する楽しさが伝わってきた。家に帰って早速、サラダから作りたい」と笑顔を浮かべた。