沖縄県は19日、那覇市のモノレール首里駅と西原町の琉球大学を結ぶ快速バスの運行実験を始めた。モノレールとバスの乗り継ぎで利便性を高め、公共交通機関の利用を進めるのが狙い。7月末まで平日1日当たり、往復45便を首里駅前から琉大北口まで運行する。