沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古の新基地建設での軟弱地盤 専門家の見方は 地盤工学准教授と土木技師に聞いた

2019年10月12日 19:30有料

完成後も沈下対策必要日本大学准教授(地盤工学) 鎌尾彰司氏 政府はこれまで、辺野古の軟弱地盤は地盤改良工事後、20年で40センチ沈下すると想定してきた。サンプルを使った圧密試験の結果を見ると、それよりも沈下が大きくなる可能性を示している。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間