沖縄防衛局はオイルフェンスの設置後、仮設岸壁の建設に入る。沖縄県に提出した岩礁破砕等許可申請書によると、最大で長さ298メートル、幅17~25メートル、面積6545平方メートル、容積2万300立方メートル。事実上の埋め立てと指摘されている。