2019年度沖縄タイムス選抜芸能祭の3日目が12日、那覇市のタイムスホールで開かれた。本年度伝統芸能選考会の最高、優秀、新人の各賞受賞者を中心に、琉球古典音楽の独唱や斉唱、合奏、琉球舞踊で、はつらつとした舞台を展開した。

最高賞、優秀賞、新人賞受賞者による器楽合奏「若衆揚口説」=12日、那覇市・タイムスホール

 太鼓部門最高賞の比嘉信子さん(66)=宜野座村=は「器楽合奏」に出演。「合格で少し自信がついた。緊張とプレッシャーもあったが、これからも太鼓の魅力を伝えたい」と話した。

 選抜芸能祭は14日もあり、入場料は1500円。19日のグランプリ受賞者公演は2千円。いずれもタイムスホールで午後5時から。

 問い合わせは沖縄タイムス社読者局文化事業本部、電話098(860)3588。