沖縄タイムス+プラス ニュース

消去法で沖縄浮上も 中距離ミサイル配備計画 米高官「日本政府の拒否反応ない」

2019年10月13日 17:14有料

 【平安名純代・米国特約記者】米国防総省の中距離ミサイルの配備先候補に、伊江島補助飛行場が含まれていることが分かった。米側が候補地に望んでいる豪などとの交渉が頓挫した場合は日本が有力となり、沖縄が浮上する可能性もあるという。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間