沖縄県の北部のやんばるの山々で大形の多年生つる性植物の「タイワンクズ」(マメ科)の花が咲いている。真喜屋ダム湖畔道でも青紫色でおよそ1センチの花が群生している。

チョウの形に似た花を咲かせているタイワンクズ

 つるが樹木の上をはうように伸ばして花を付けており、ダムの水面に青紫色の花が映えている。やんばるの方言名で「マーミヌク」などと呼ぶ地域もある。(玉城学通信員)