台風19号による猛烈な雨の影響で甚大な被害が出た東北、関東など広範囲の現場で14日、警察や消防、自衛隊が取り残された人の救助や行方不明者の捜索を続けた。岩手、宮城、福島、神奈川、静岡の5県で新たに死者が判明し、共同通信の集計では11県で死者56人、行方不明者16人となった。停電や断水も各地で続き、生活への影響は長期化しそうだ。

 台風19号の影響で浸水したままの長野市赤沼地区と豊野地区周辺。中央はJR東日本の長野新幹線車両センター=14日午前10時25分(共同通信社ヘリから)

 台風19号の影響で浸水したままの国道123号=14日午前9時30分、水戸市

 台風19号の影響で浸水したままの長野市赤沼地区と豊野地区周辺。中央はJR東日本の長野新幹線車両センター=14日午前10時25分(共同通信社ヘリから)  台風19号の影響で浸水したままの国道123号=14日午前9時30分、水戸市

 国土交通省や総務省消防庁によると、各地で決壊した堤防は調査の結果、さらに増加して7県の37河川52カ所に上ったことが判明。流域が広く水に漬かり、住宅の床上浸水が1975棟、床下浸水は1729棟に達した。(共同通信)