日本貿易振興機構(ジェトロ)沖縄は16日と28日、那覇市銘苅のメカルヨンゴ(なは産業支援センター)で「中華圏ビジネスセミナー」を開く。海外への販路拡大に取り組む県外企業の社長らを講師に招き、商談で成約を得るポイントを紹介する。

中華圏ビジネスセミナーへの参加を呼び掛けるジェトロ沖縄の安藤彩加さん=沖縄タイムス社

 ジェトロ沖縄の安藤彩加さんは「11月には沖縄大交易会も控えている。ここで学んだことを実際の商談にも生かしてほしい」と参加を呼び掛けている。

 初回の16日は午後2時から4時。ラングドシャ・クッキーを香港や中国に輸出する日光食品(大分県)の東田晃次社長がバイヤー目線を意識した商談方法などを紹介する。

 28日は午後2時から5時。中国進出企業を支援するクロスコスモス(東京都)の吉村章社長が商談会での効果的なレイアウトや商談後に取るべき行動をアドバイスする。

 問い合わせはジェトロ沖縄、電話098(859)7002。