国の一括交付金を使った2017年度~18年度の伊平屋村の不法投棄未然防止事業で、予定価格や最低制限価格を特定の事業者に漏らして公正な入札競争を妨げた疑いがあるなどとして、沖縄県警捜査2課が事業を当時担当していた村の男性職員を官製談合防止法違反などを視野に任意で聴取していることが15日分かった。