沖縄には沖縄戦後に建設された基地だけでなく日本本土から移った米軍のための基地も多く、1972年に施政権が米国から日本に戻ってからも基地の大部分が米軍に提供されている。米軍基地が原因で発生する事件・事故、騒音問題、水質汚染など環境汚染の問題が現在でも続いている。