11月に沖縄県宜野湾市で開かれる国内最大級の国際食品商談会「沖縄大交易会2019」に向け、主催者の実行委員会事務局は10月17日午前10時から、出展企業向けのセミナー「販路が広がる商談の進め方」を那覇市の沖縄産業支援センターで開く。

沖縄大交易会に出店する企業向けの「販路が広がる商談の進め方」セミナーの参加を呼び掛ける、県産業振興公社の古波蔵純一主任=4日、沖縄タイムス社

 神奈川県でスーパーマーケットなどの経営を手掛ける「大寿」社長の大野孝将氏が商談会の事前準備の重要性や、商談の成功・失敗事例を踏まえながら商談の進め方について講演する。

 県産業振興公社の古波蔵純一主任は「競合する企業が多い中、商談を成功させるための知識を学んでほしい」と参加を呼び掛けた。

 参加費は無料。定員は40人で事前の申し込みが必要。問い合わせは同事務局、電話098(894)6317。